blog
Category
Archives

2013.05.17.fri

img

たまにはこんなお魚料理も

只今話題沸騰中の厚岸産ムール貝。
こんなお魚料理になったりもしています。

写真は、海老・白貝・ムール貝・スズキ・ホタテ。
パッションフルーツ香るソース。やわらかく炊いた今が旬の蕪。

こんなワイン、合うかもね。かもねかもね、そうかもね。

ジュリアン・メイエー メール・エ・コキアージュ 2011  ボトル ¥4200

アルザスの偉大な造り手「ジュリアン・メイエー」さん。
(雑誌などの媒体が嫌いで、一切マスコミに出ていない醸造家なんだそうです。)


熟れた果実味、旨味や程よい酸やミネラルがじわりとバランスよく広がります。
ナチュラルで、また、洗練された丁寧な手造り感が美味しくて、すうっと沁みわたります。
私の大好きな、沁みる系のワインですね、これ♡

ちなみに、こちらのワインの名の
メール・エ・コキアージュとは、
メールMer=海、コキアージュ Couquillarges=海鮮貝類の意です。

お料理もワインも、ぜひご賞味ください。きっと、楽しいですよー!

page top

2013.05.16.thu

img

厚岸産ムール貝入荷してます!

昨年も大好評だった厚岸の「ムール貝」
只今入荷しています。

厚岸のムール貝は、殻が結構うすいです。
その分、旨味がギュッと身に入ってるんだそうで。
だから、おいしいんだ!

用意する料理はやはり、「ムール・フリット」ですね!
ムール貝のワイン蒸しと、フライドポテトの組み合わせです。
フランスやベルギーでの超・定番な食べ方。

シャンパンや、ミネラルのしっかりした白ワイン、スイスイどうぞ。


やめられない・とまらない♡

page top

2013.05.15.wed

img

ロワール・ワイン会!

毎回ご好評いただいている、グランヴァンセラーさんとのコラボワイン会。
お料理とワインの相性「マリアージュ」にトコトンこだわった会です。

ありきたりな会ではございません。一歩踏み込んじゃってます。
料理もワインも。(あ、シェフ、ケイミー、いい意味でだよっ!)

地方、文化、郷土性をベースにしっかりと持ちつつ、自由に、楽しく、新しく。
我々のチャレンジはまだまだ続きます!

お席あとわずかです。
興味のある方、お早目のご予約をおまちしております!

日時 5/21(火)
時間 18:30開場 19:00スタート
料金 お一人様¥8500(税、サ込) お料理5品とそれぞれに合わせたワイン5種

場所 フレンチレストラン バンケット 

ご予約はグランヴァンセラーさんにて、お願いいたします。
011-531-7777

page top

2013.05.04.sat

img

オススメワインその2

フィリップ・ガヴィネ
ブルゴーニュ オート・コート・ド・ニュイ クロ・デ・ダム・ユゲット 2011
ボトル ¥6400


コチラのワインの造り手のフィリップさんは言います。

「食べる事、飲むことが好きな人のためのワイン」

サイコーじゃないですか!フィリップおじさん!

こちらのワインを試飲した時、genkiクンと2人で
これ、いいね!とテンション上がりました。
ピュアでキレイな果実味。
でも香りはほんのりワイルド?というのか、
ワタシ、ただのいい子じゃないんだからねっ的な、
夢見る少女じゃいられないっ的な、
厚みもあり。

シェフの作るお肉料理全般とよく合うだろうな~と思いました。

G.Wもあと少し。バンケットで、おいしいワインとおいしいフランス料理で
楽しくおいしい時間をお過ごしください♡


そして、そして。
もうワイン一本と、もうひとり紹介しなければ。


フランス・南西地方の「ジュランソン」の甘口ワイン。
食後のフロマージュやデザートとご一緒にいかがでしょう?
このジュランソン・ドゥは甘いですが、酸がしっかりあるので
ベタベタしてなくて、とてもおいしいです。
グラス¥630。

食後にゆったりジュランソン。
レストランでの食事をすること。
もっと、もっと、たのしい時間になると思います!


田中のマー君をギュッとしたような左の九州男児。ギュッとです。ギュッと。
彼こそが、元気クン。

うちのシェフが、フランスのミッシェル・ゲラールで働いていた時(当時28歳くらい)に
元気クン(当時19歳くらい)がスタージュ(研修)に来ていたのです。
それが2人ので・あ・い♡

ミッシェル・ゲラール氏のレストランは、南西地方のユージェニー・レバンというところに
あります。
先ほど紹介したジュランソンも南西です。
1時間ほどの距離だそうです。

仕事のない日は2人でよく、このジュランソンを飲んでいたそうです。
いやだー、それって思い出のワインじゃん♡ひゅーひゅーだよ♡


いつもの悪乗りが過ぎました。失礼しました。
あ、そうそう元気くんの話だった。フランスで出会った元気くん、
去年までは、今をときめく北欧のデンマークの星つきレストランで働いていました。
その前はベルギーで。生まれは九州。そして今はホッカイドー。

頼もしい男子がきてくれました!めるしー元気くん。



page top

2013.05.02.thu

img

グリーンアスパラのゆで上げと天使の海老 海老のルイユ

5月ですね。毎日寒いですね。
genkiクンが来てからというもの、天気が優れない。
雨男なのか!genki!九州から桜を連れて来たんじゃないのか!!
ったく。

と、ニューフェイスに早々毒づくまだむ。


寒い寒いといいつつも、春のおいしい食材はドンドン入荷しています!

写真のアスパラ。道南の江差町からのものです。
アスパラはやはり、シンプルにゆでます。
添えてある天使の海老も、ゆでます。
セロリとセイロン茶をほんのりと入れたお湯の中に「ポシェ」っと海老を入れ
ゆ~らゆ~ら火を入れます。

「ルイユ」とは、南仏のブイヤベースに必ず添えてあるもので、
にんにくとマスタードのソースみたいなものなのですが、
今回のアスパラの一皿には、にんにくを使わずに海老のダシを効かせて
ルイユみたく仕上げたそう。

ぜひ、ご賞味ください!



先日、とても好きなインポーターさんの試飲会があったので
genkiクンの首根っこつかまえて、行ってきました。


そして、仕入れたワイン達。まずは白。

ピトン・パイエ アンジュ・ブラン・モザイク 2010 (ロワール) ボトル¥4500

シュナンブランで造られたこちらのワイン。あぁ、ミネラリテ。ミネラリテ。
フレッシュで、ふくよかさもあり、いろんな料理に合いそうです!
↑のアスパラと一緒にとか、きっと楽しめると思います♡


そして赤1。

フランソワ・ド・ニコライ マランジュ 2008 (ブルゴーニュ) ボトル¥5500

ブルゴーニュ、コートドール地区の最南端に位置するマランジュという村で造られたワイン。
「自然な造り」で造られたこちらのワインは、とても優しさであふれるような(by juju)
自然体な味わいでした。私の中での、癒し系赤ワインです。私の中での。
こういった繊細なワインは、最近当店で超人気のフランス産仔牛に合うと思います♡


もう一本ご紹介したかったのですが、時間が・・・
スミマセン。次回へ続きます。

page top