blog
Category
Archives

2013.09.29.sun

img

シェフズキッチン出店終了しました!

さっぽろオータムフェスト2013 4丁目会場「シェフズキッチン」
バンケットの2日間の出店は、先日無事に終了しました!
お越しいただいた本当にたくさんのお客様、本当にありがとうございます!

今年は2回目の出店でしたが、今年もたくさんのお客様にお越しいただきました。
初めましての方、いつもありがとうございますの方、お久しぶりですの方…
全てのお客様に感謝しています。本当にありがとうございました!

そして、今年もスタッフの力に助けられました。
全員のチカラが大切で必要でした。
「人のチカラ」ってすごい!
メルシー♡チームバンケット

去年、一部のマニアの間で絶大な支持を受けたシェフのサイン。
今年ももちろん、カタカナ表記がまぶしいです。
写真
うちはうちです♡

page top

2013.09.20.fri

img

オータム、シェフズキッチンメニューその3

北海道産かぼちゃを使ったパフェ ¥300

お待たせしました。デザートのご紹介です。

まず初めにお伝えしなければ。このパフェ、小さいです。
写真では、結構大きく見えてしまいますが、
実物は高さ6cmほどの器に入った「ミニパフェ」です。
おいしいパフェなので、怒らないでね♡

下から、
かぼちゃのムース、ブルターニュ産塩のクリーム、
上には、土に見立てたチョコレートを。
全てがバランスよくいい塩梅。シェフはやっぱりデザート得意ですね。

料理とご一緒にお楽しみいただけるワインもご用意してます。
白は、スッキリフルーティ、シェフ曰くフランスのカフェワインなイメージのタリケや
コク白なら、フレデリック・マニャンのシャルドネも。

赤は、お祭りにピッタリなバッグインボックス(箱ワイン)!
ロワールの有名な自然派の生産者さんの箱ワインです。
え~、箱ワイン?とか言わないでね。おいしいですから(^^)
赤も一つは、シェフが最近お気に入りのローヌの生産者さんのワインです。

お祭りごとに度々登場する「シェフ特製サングリア」もちろん用意しますよ!
サングリアとは、赤ワインをベースに、フルーツやスパイスを加えた
スペイン・アンダルシア地方のおいしいお酒です。

シェフ特製、シェフ特製ばかりで私も負けていられない!
と急に闘争心が沸いてきた私まんだむりえ。
今年は「マダム特製ジンジャーエール」なるものを作ります!

楽しくおいしいお祭りの裏で、シェフと私が火花を散らしております。


以上、今年のバンケットのメニュー紹介でした。
秋の道産の美味しい食材を使い、シェフがこれまで学んできた
フランスのエッセンスをどこかしらに加えることで、
「バンケットらしい」
メニューになったのでは。と思っています。

北海道のおいしいものが集まる食の祭り“さっぽろオータムフェスト”
みなさま、楽しくおいしい時間をお過ごしください!
私達スタッフ一同も、うんと楽しみたいと思います(^^)

page top

2013.09.19.thu

img

オータム、シェフズキッチン、メニューその2

秋鮭のポワレとななつぼしの焼きリゾット バイマックル風味のブイヨン ¥500

バンケットマニアの方なら、ニヤリとしてくれるかな?

今が旬の秋鮭を香ばしく焼き上げて
その下には、道産米のななつぼしを使った焼きリゾット。
海老とお魚のダシ、野菜で丁寧にとった旨みたっぷりのブイヨンに
バイマックルというタイ料理などによく使われるハーブを加えます。

お魚と焼きリゾットをくずしながら、スープと一緒にお召し上がりくださいね。

シェフの作る魚料理の定番でもあるこちらのメニュー。
札幌の広く高い青空の下で食べれるなんて、ステキです♡


DSC_0923
知床産鶏肉の真空調理 シェリービネガーソース
ジャガイモのフリット添え ¥500

知床の鶏を真空にして、しっとり柔らかく火を入れたものを
仕上げに焼き色をつけます。
ソースはシェリービネガーを使った、ほどよい酸味が食欲をそそるソース。
付け合せは道産のジャガイモのポムフリット。あ、フライドポテトです。
ソースも付け合せも、これまたフランスのビストロの定番ですね。


もったいぶってすみません、最後のデザートの紹介はまた後ほど。。。


page top

2013.09.18.wed

img

オータム、シェフズキッチン、バンケットのメニューその1

只今絶賛お祭り真っ最中のオータムフェスト20134丁目会場の「シェフズキッチン」
バンケットの出番は9/23(月・祝)24(火)です♡

今年の当店のメニュー、詳しく紹介していきます!


↑の写真が1000円プレートの
バンケットの北海道の秋の恵みプレート
・洞爺産豚肉のバスク風煮込み
*豚のホホの部分を、お肉のジュとフランス・バスクの特産
「ピマンデスペレッド」という香辛料を加えて
やらか~く煮込みました。ピマンデスペレッドとは
唐辛子の一種なのですが、ビリビリくる辛さではなく
ほんのりの辛さと甘みと旨みがあって、料理にパラりと加える
ことで、料理をウマい具合に引き立てるんです。
さすがはバスク。

フランス・バスクはシェフの修業先のひとつ。
シェフにとって、とても思い入れのあるバスク。
バスクは美食の地です。(ちなみにシェフは美肌です♡)

煮込みには、十勝で小麦を作っている前田さんの丸麦を添えてご用意します。
この丸麦がまた、かみしめるほど旨みがでてきます。

・北海道産秋野菜と色々魚介のタブレ
*茄子、ズッキーニ、パプリカなどの彩りお野菜と
 近海の甘海老、イカ、ホタテとクスクスのサラダです。
 フランスのビストロや総菜屋の定番の味です。

・北海道産とうもろこしの冷たいスープ
*札幌近郊の畑で収穫されたとうもろこし(ゴールドラッシュや味来)
 のスープです。お子様も大好きコーンスープ♡
 牛乳瓶に入れてお出しします。ふたをしっかりとおさえて
 軽く振ってからお召し上がりくださいね。

1000円プレートにはうちのやっこねーさんが
ひたすら焼いてくれているパンも添えますよ(^^)



DSC_0926
洞爺産豚肉の塩漬けとバジル風味の千歳産インカのめざめを挟んだ
カトルフィーユさんのバゲットを使ったサンドイッチ ¥500

・・・すみません。メニュー名長すぎですよね。(B’zの曲のタイトルみたい?)

フランスの街角のあちらこちらで、アイツもコイツも食べているバゲットのサンドイッチ。
去年のシェフズキッチンでもご用意しましたが、大人気でした!
今年は、洞爺の豚を2週間塩漬けにしてからやらかくゆでたものと、
じゃがいもインカのめざめにバジルの風味をた~っぷりまとわせたものを挟んでいます。

サンドイッチに使うバゲットはご近所の人気パン屋さん「カトルフィーユ」さんのものを
去年と同じく使わせていただきます(^^)
道産小麦と天然酵母を使用したバゲットです。当日の朝、焼き上げていただいて
サンドイッチにします。なんて贅沢なサンドイッチ♡

メニュー紹介、その2は後ほど。。。

page top

2013.09.06.fri

img

レモンのプリン ブドウ ペリエのジュレ

新作デセールです。
新作と言っても去年もこの時期にやってますけどね。

とっても上品なこちらのデセール。
お料理とワインをおなかいっぱいに楽しんで、
ふぅ~っとなった時、

いやいや、なに言ってるの!デザートは別腹でしょ!と
しっかりとした甘さのあるデザートを楽しめる方、

あ、もう食べれないからカフェちょーだい、キャッフェ!

私は後者です。(私の話など、どうでもいいか)

そんないくじなしの私でも、このような清々しく、上品なデセールは
絶対食べます。(だから私の主観はどうでもいい)

ブドウのおいしい季節の、おいしいデセールを是非(^^)

page top

2013.09.02.mon

img

今週、来週の料理教室

水曜・木曜開催の料理教室、
今週、来週はLesson4です。

メニューはこんな感じで。
・Lesson4 (9/4〜9/12)
①北海道産夏野菜のサラダ 塩うにのソース
②鮮魚のポワレ レタスのソース 胡瓜のタリアテッレ
③チョコレートのアイス ラベンダー風味のソース

お魚料理は、レタスを使ってソースを作ります。
↑の写真のような鮮やかな色のソースの作り方、
知りたくなくなくなくなくな~い?

今週、9/4(水)昼クラス、夜クラスともにあと1名様お席ご用意できます。
9/5(木)昼クラスはまだまだお席ご用意できます。

page top