blog
Category
Archives

2014.02.25.tue

img

今週来週の料理教室は「アルザス」

バンケットの料理教室、26日から始まるLesson14は
フランス・アルザス地方のお料理がテーマです。

アルザスは美食の街。
シェフはアルザスで長く働いていたこともあり、
アルザスへの思い入れも強いようです。

タルトフランベ、シュークルート、シュトゥルーデル。。。

まだお席が空いている日もございますので、
よろしければぜひ!おいしくたのしい料理教室です!

ご予約はこちらからお願いします。
バンケットの料理教室


DSC_0754

page top

2014.02.21.fri

img

最近のお魚料理

春はまだかなぁと、止まない雪を眺めていたら
シェフがなんとも春らしいお料理を作っていました(^^)

↑の写真のお料理、
身厚な真鱈を、にんにくの香りをつけた牛乳でやさしくポシェして
上には色鮮やかなパセリにアーモンドを合わせたものを。
鱈の下には、砕いたアーモンドを加えたデュクセル・シャンピニヨン。
アサリのジュとクリームの淡いソースで。


お次は鰆(サワラ)です。
DSC_0729
今が旬の鰆は、芽キャベツと合わせました。
鰆はマリネしてから、香ばしくポワレにし、
芽キャベツは、アンチョビを合わせています。
よくいうアンチョビキャベツですが、シェフが作るとなんでかなー、
とても上品に仕上がっています。なんでかなー。
フランボワーズの色鮮やかなソースがまぶしいよ!

今週末はまだお席ご用意できますので、
ご予約お待ちしております(^^)


バンケットの料理教室、来週からは「アルザス」です。
詳しくはコチラから


バンケットのオリジナル商品第1弾!(2弾はあるのかい?)
バンケットのトリュフバター
店頭にて大好評販売中です。

page top

2014.02.17.mon

img

料理教室のご案内

毎週水曜(昼クラス・夜クラス)、木曜(昼クラス)に開催している
バンケットの料理教室。
先週と今週はLesson13、フランスのビストロでよく見かけるような
お料理のレッスンをしています。
シェーブルショー、カスレ、マルキーズショコラ・・・
ワインも合わせるとさらに楽しめます(^^)
シェーブルショーには、ロワールのシュナンブランを。
カスレには、気取らず楽しくなるような、ラングドックの赤。
バックインボックス(箱ワイン)で用意してます!ガブガブいけちゃいますよ!
(Lesson13のレッスンは全てのクラス満席となっております)

アルザス

KICX0302

来週2/26(水)より始まるLesson14のレッスンのテーマは「アルザス」
シェフの大好きな場所です。レッスンではアルザスの郷土料理の
タルトフランベ、シュークルート。
デザートはシュトゥルデールをご家庭でも作れるように
アレンジしたレシピをお教えします。



3/12(水)から始まるLesson15は特別レッスンです。
テーマは「デンマーク」
こちらのレッスンは、昨年までデンマークで修業していた当店スタッフの
ゲンキくんが担当します!(シェフはアシスタントでの参加です。)
やはり、その土地の空気を知っているって強いです。
本を見て、写真を見て、パソコンでいくら調べても、わからないことって
たくさんあると思います。
ゲンキくんなりの解釈の「デンマーク」のレッスン。こりゃ楽しみです!
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
写真はイメージです。
デンマーク、北欧のレストランは、やはり椅子がス・テ・キ♡




DSC_0703
3/26(水)から始まるLesson16のテーマは
「からだにやさしいフランス料理~キュイジーヌ・マンスール~」
シェフのフランスでの修業先、ミッシェル・ゲラール氏のレストランで学んだ
キュイジーヌ・マンスール。
ミッシェル・ゲラール氏は、三ツ星のガストロノミーなレストランの他に、
このキュイジーヌ・マンスールのレストランを持っています。
キュイジーヌ・マンスールとは、ミッシェル・ゲラール氏が提唱した
「おいしくたべて太らない料理」
そ、そんなフランス料理があるなんてー!
いくら体によくても、おいしくなければさみしいものですよね。
シェフが本場で学んだキュイジーヌ・マンスール。
興味深いレッスンになりそうです!

料理教室のご予約はこちらからお願いします。
バンケットの料理教室






page top

2014.02.07.fri

img

フォアグラのテリーヌ

最近オススメの一皿です。
フォアグラのテリーヌに、軽くスモークの香りをつけ、
上に香り豊かな金ごま。

柚子とリンゴのコンフィチュールと鹿のクグロフを添えて。

鹿のクグロフ?
バターの代わりにエゾ鹿の脂を加えて焼き上げたクグロフです。

こんなおいしいお皿に合わせるワインは・・・

そうだ!ラタフィアとか、いいですね。

と、さも自分で考えたように言ってみましたが、
こないだシェフが東京に行った時に、食事に行ったレストランで
フォアグラ&ラタフィアのマリアージュにいたく感動したそうな。

イエス、パクリ!
(CのオーナーソムリエのHさま、すみません・・・
今度菓子折り持っておわびに伺います)

ラタフィアとは、収穫後のぶどうの果汁にアルコールを添加して
発酵を止めた酒精強化ワイン。
バンケットではアンリ・ジローのラファフィア・ド・シャンパーニュ
をご用意しています。(イエス、パクリ!)

フォアグラと甘いのって、相性がいいのはよく聞く話ですが、
このラタフィアの持つ甘さと香ばしさが、フォアグラにかけたフュメの香りや、
ごまの香ばしさと、うまい具合につながります。

このマリアージュには、ほんとうっとり♡

page top

2014.02.04.tue

img

料理教室Lesson13のメニュー

バンケットの料理教室、2/12(水)から始まるLesson13のメニューは、
~テーマ・ビストロ~
①シェーブル・ショーのサラダ
②カスレ
③マルキーズ・ショコラ

フランスのビストロやカフェで、よく見かけるような、
肩ひじはらずに、楽しくワイワイと楽しめるメニューになっております。

①のメニューの「シェーブル・ショー」とは
シェーブルとは、山羊(ヤギ)のチーズのこと。ショーは温かい。
バゲットにシェーブルをのせ、ハチミツをたらりとかけ、オーブンで焼く。
たっぷりのサラダとご一緒にどうぞ。
あ、レシピ書いちゃった。これでは料理教室の意味がないではないか。
いや、大丈夫。
レッスンでシェフが教えている、プロのひと手間ふた手間。これが勉強になるんです。
ここでは書かないよー(私ってケチ)


カスレ
メイン料理は「カスレ」フランス南西部の郷土料理です。
鴨のコンフィやソーセージなどいろいろなお肉と白インゲン豆をじっくり
煮込んだ料理です。今回の教室では、鴨はなかなかご家庭では手に入りにくい
と思い、鶏のコンフィを使います。
寒い日にピッタリなお料理です!


DSC_0714
デザートは「マルキーズショコラ」
チョコレート好きにはたまらない、濃厚な味わいのデザートです。

*写真とレッスンでのお料理、若干変わりますのでご了承ください。


上記メニューのLesson13、既に夜クラスは全て満席となっていますが、
昼クラスはご予約受付中です(^^)
料理教室のページのカレンダーをご確認のうえ、ご予約をお待ちしております!

page top