blog
Category
Archives

2014.06.26.thu

img

スタッフ募集しています

只今バンケットではスタッフを募集しております。
サーヴィススタッフ、キッチンスタッフどちらも募集中です。

食べることが好きで、フランス料理、ワインに興味をお持ちの方の
ご応募をお待ちしています。
サーヴィススタッフは、ソムリエの方歓迎です。
が、将来ぜひソムリエになりたいとの希望をお持ちの方も大歓迎です!

キッチンスタッフ、サーヴィススタッフともに、私達が求める人材は
仕事に対する意欲がある方、何事にも実直な方。体力のある方。

学ぼうという気持ちが強くあれば、未経験者の方もOKです。
意欲と人柄重視です!
男女問わず募集しています。

小さなお店なのでお客様との距離も近く働き甲斐のあるお店です。

一緒にお店を盛り上げて行きましょう!

給与その他詳細は面談の上。前職の経験等考慮致します。

興味ございましたらぜひご連絡ください。
011-562-1221 若杉まで
よろしくお願いします。

page top

2014.06.20.fri

img

最近入荷の食材や、料理教室など

毎週水・木に開催しているバンケットの料理教室。
7/9以降のレッスンメニューをアップしました。
↑の写真のお野菜のテリーヌのレッスンもありますよ!
みなさまのご参加、お待ちしております!
ご予約はこちらのページからお願いします。
(お電話でも受け付けます!011-562-1221)

続きまして、今週末のレストラン営業で使う食材が
どんどん入荷しています。

写真 (11)
フランス産アスペルジュ・ソヴァージュ


写真 (10)
フランス産ジロール茸


写真 (9)
最高級オマールブルー


写真 (8)
ブレス産仔鳩

イタリアからサマートリュフも入荷します。

これらの食材を使ってどんなフランス料理が完成するのか
楽しみですね。

今週末はランチ、ディナーともにまだお席をご用意できます。
皆様のご来店、お待ちしております!




page top

2014.06.18.wed

ギフトカード

お祝いの贈り物や、ギフトのお返しに。バンケットのお食事券。

page top

2014.06.11.wed

img

千歳ワイナリーさんへgo!

昨日のお休みは、千歳ワイナリーさんへお邪魔してきました!

腹が減っては戦はできぬ。ワイナリー訪問前にみんなでランチ。
千歳にある評判の定食屋さんへ連れて行ってもらいました。
写真 (85)
揚げ物が辛くなってきたお年頃のメンバーで、いただきます。ガッツだぜ!


そして、千歳ワイナリーさん到着!
写真 (81)

余市の葡萄栽培農家の木村さんのブドウを使って造られた
ピノ・ノワール、ケルナーを試飲させていただきました。

千歳ワイナリーさんの造るピノ・ノワール。
ものすごいポテンシャルを秘めていると確信!(何様でしょうか、私。)
昨日、貴重な機会をいただいてしっかりと試飲をさせていただき、
目からウロコ、コンタクトもずれました(コンタクトなんてしてないけど)

これからの千歳ワイナリーさんのピノ・ノワール、とっても楽しみです!

ピノで造られたキレイな酸が印象的だったロゼや、爽やかなケルナーも
美味しかった~。シェフのどんな料理と合わせたら楽しいか、
一人妄想マリアージュを帰りのJR内で楽しみ、帰路につきました。


写真 (83)
道を尋ねる観光客ではありません。真面目にワインのことを話しています。
ワインの造り手さんのお話を実際に聞いて、そのワインを飲むことの幸せ。
って、私はこれでも一応、レストランのまだむなので、
ただワイン飲んで楽しむだけではだめなんですよね。
ワインとお料理のそれぞれが、「よりおいしく」なるような仕事をしていくことが
私の責務です!(なんだか、今書いててやる気が出てきました・笑)


写真 (82)
左は千歳のレストランアキオカの秋岡シェフ、
真ん中が千歳ワイナリーの三澤社長。
と、きて、アレ?右の方って・・・みなさまご存じで?





page top

2014.06.09.mon

img

ラッセ×バンケット コラボフェアー レポ

昨日行われた、東京、目黒にあるイタリア料理店「ラッセ」さんを
招いてのコラボフェアー、無事に終了しました!

お越しくださったたくさんのお客様、本当に
ありがとうございました。
美味しそうに、楽しそうに、お食事をされているお客様を見て、
とても嬉しく、やっぱりレストランっていいねぇ~と改めて思いました!

ラッセ御一行さまが到着したのは、フェアー当日の朝。
しかも飛行機のエンジントラブルで到着が遅れるというハプニングも
なんのその。
キッチンに入るや否や、ハモの骨切りをする村山シェフ。DSC_0101
村山シェフは和食出身。とってもいい音させて包丁を入れていました。

DSC_0109
ラッセのソムリエーずのお二人。
なんだろう、シティの香りがする。

今回のお料理に合わせたワインのセレクトも、もちろんラッセのソムリエーずに
おまかせしました。イタリアワインはめっぽう弱い私。
かといって、フランスワインもまだまだ勉強中なんですけんど♡
それぞれのお料理との相性も素晴らしく、お客様にも大変好評で
私も勉強させてもらいました!


DSC_0118
小さなアペリティーボから始まるラッセワールド。

DSC_0120
ラッセワールドに、ちょいちょい入り込むバンケット若杉の世界。


DSC_0180
ディナーでご用意した、ホッキ貝とボタン海老。
東京からのお客様が、北海道のホッキはやっぱり美味しいね~と(^^)
そうなんです、苫小牧のホッキはとてもおいしいですよね!

DSC_0167
ホッキを掃除する3人(no道産子)苫小牧って書けますか?


DSC_0105
村山シェフの出身地の新潟の「金筋トマト」

DSC_0136
金筋トマトとリンゴのカペッリーニ。カッペリーニではなく、本来は「カペッリーニ」
というらしいので、村山シェフに、カッペリーニって言われたら怒ります?って聞いたところ、
言いやすい言い方で大丈夫っす~!なんでもいいっす!って言ってくれました。
懐深いシェフで、私も幸平さんも村山シェフのことがますます大好きになりました(笑)


DSC_0137
4種のチーズを使ったラヴィオリ。あー、これも美味しかったな~♡
ラヴィオリの成形の仕方、教えていただいたので、
今度息子のお弁当に入れてみようと思います(もっと違うところで披露せい)

メイン料理は、当別の黒豚です。
塩漬けにした豚バラを巻きつけ、シチリアのオレガノたっぷりとオイルでマリネしておいた豚を
かたまりのまま、ゆっくりとローストしました。

DSC_0144
切れ端、もらえるかな~。

DSC_0183
輝く黒豚。切れ端はあげません。

DSC_0160
切ります。切ります。


小菓子もどうぞ。
DSC_0184


DSC_0172
ボーダー&ストライプ。もはやコント。


DSC_0191
毎日忙しい中、札幌まで来てくれて一緒にやってくれた村山シェフ。
本当にありがとうございます。

DSC_0153
今まで知らなかったイタリア料理の世界を少しでもみることができて
フランス料理屋の私達も大変刺激を受けました!いい経験をさせてもらいました。


お疲れ様でした。みなさまありがとうございます!
DSC_0197
チームラッセ×チームバンケット。
カメラマン、バンケットのGM(ぐらんどまだむってこと)

page top

2014.06.07.sat

img

料理教室のご案内

毎週水曜・木曜に開催しているバンケットの料理教室。
来週からの2週は、今が旬の食材をたっぷりと使ったメニューと
なっております。

Lesson21(6/11~6/19)
テーマ・旬の食材
①甘エビと道産ズッキーニのタルタル・バニラ風味
②鮮魚のポワレ 長沼産ホウレンソウのクリームソース、黒胡椒風味
③ヌガーグラッセ フランボワーズのクーリー

DSC_0095
①甘エビと道産ズッキーニのタルタル・バニラ風味

料理にバニラ?ハイ、そうなんです。たまにするんです。
フランスのシェフで、オマール海老とバニラを合わせていたけど・・・
誰だっけ?
今回は、今が旬の道産の甘エビとバニラを合わせます。
「甘み」がキーちゃんだそうです。


DSC_0087
②鮮魚のポワレ 長沼産ホウレンソウのクリームソース、黒胡椒風味

写真は時鮭を使っていますが、レッスンでは白身のお魚になるかもしれません。
その日入荷の道産のお魚を使います。
ほうれん草、クリームソース、コショウという、ちょっとベタベタな組み合わせかと
思われるかも知れませんが、エスコフィエの教えを守ったほうれん草のソテーの仕方、
ソースの作り方、コショウの効かせ方、全ての工程がフランス料理です。必見!


DSC_0399
③ヌガーグラッセ フランボワーズのクーリー


このデザートは、シェフがパリで働いていたレストラン「ヴィヴァロワ」で
覚えたデザートです。レギュームアラグレッグに続き、またまたヴィヴァロワの
メニューです。個人的には、いつもヒヤヒヤしています(笑)

どんなデザートかと言うと、ナッツやドライフルーツを
メレンゲと生クリームと合わせた氷菓です。

レストラン営業でも時々お出ししているヌガーグラッセ。
根強いファンの方がたくさんいるデザートです。

上記のLesson21、まだお席がご用意できる日もございますので
料理教室のページのカレンダーをご確認の上、
ご予約をお待ちしております!

バンケットの料理教室
ご予約はこちらから。


ネットはやっぱり苦手・・・という方は
お電話でも承ります。011-562-1221

page top