blog
Category
Archives

2015.08.26.wed

img

9周年ディナー8/30(日)まで!

9周年特別ディナーコース、今週末までです。
たくさんのお客様にこの9周年ディナーコースを
お楽しみいただけました。
あらためて、banquetはあたたかなお客様に支えられているんだなと
思いました。本当にみなさまいつもありがとうございます。

banquetをオープンして9年。9年前は・・・無知でした。
でも、知らないって、時にものすごい力を発揮するんですよね(笑)
こわいものなんて、なにもない。
だって、何も知らないんだから、何がこわいのかもわからない!(笑)

今思うと、恥ずかしくなることだらけの私達です。
ホント見切り発車でよくやったな、と思います。
それでもなんとかここまでやってこれました。
作りたい料理、目指す料理も今と昔では違っています。
店内の内装も2度リニューアルしています。

9年前と今とで変わらないものは、

美味しい料理を作りたい。

というシェフの心意気。
これだけは、9年前と何も変わっていないと自信を持って
言えます。この気持ちがあったから、この気持ちがお客様に
伝わって、今までやってこれたんだと思います。

10年目に入ったbanquet、
これからもうち「らしさ」を大切に、みなさまに満足いただける
レストランを目指していきたいと思います。
どうぞよろしくお願いします。

page top

2015.08.16.sun

img

赤ピーマンのヴァヴァロワ

9周年ディナーコースの前菜にご用意している
「赤ピーマンのヴァヴァロワ」

この赤ピーマンのヴァヴァロワは、シェフが修業していた
ヴィヴァロワのスペシャリテ。
ヴィヴァロワの「ヴァヴァロワ」。(ヴが多いー)

ヴィヴァロワ出身、ランブロワジーのベルナール・パコー氏は
ヴィヴァロワのヴァヴァロワをアレンジし、
「赤ピーマンのムース」を作りました。

このパコー氏の赤ピーマンのムースはとても有名な料理で、
今でも多くのフランス料理店で作られています。

そんな赤ピーマンのムースのもとのもとが
シェフが作る、赤ピーマンのヴァヴァロワなんです。
クロード・ペロー氏から直々に教わった料理。
一度、シェフはヴィヴァロワのキッチンで、この赤ピーマンのヴァヴァロワを
作っていた時にゼラチンを入れ忘れたことがあったそうです・・・
ペロー氏は静かに、俺は一度のミスでは怒らない。って。
き、緊張感ハンパないんですけど。
考えただけで胃がきゅっとなります。きゅ、っと。

そんなしょっぱい思い出もありつつな赤ピーマンのヴァヴァロワ。
今は江別産の赤ピーマンが入荷し始めたのでそれを使って作っています。
自分の愛するフランス料理を、地元の信頼できる食材を使って作ることができるのは
とても幸せなこと。と最近シェフはよく言います。








page top

2015.08.10.mon

img

お盆の営業案内

9周年のお祝いにいただいたワイン。
ブリュノ・デュシェン ヴァルポンポ。

南仏のロマネ・コンティと称されるブリュノ・デュシェン。

先日このワインを、9周年ディナーでご用意しているオマールブルーに
合わせました。これぞ、フランス料理のマリアージュというほど
素晴らしいものでした。感動しました。

DSC_0970
みなさまにもこの感動を!オマールブルー、今月末までご用意してます。
あ、でもこの浪花のモーツァルト、じゃなかった、
南仏のロマネコンティ、いただきものだし、もう飲んじゃったし。
でも、大丈夫です。キダタローの他にも素晴らしくおいしくて
感動するワイン、ご用意してますので(^^)

お盆期間の営業案内です。
8/10(月)・11(火)定休日
8/12(水)~8/16(日)ランチ、ディナーともに通常レストラン営業
満席の日やお席が残りわずかの日もございますので
お早目のご予約、お待ちしております。

011-562-1221


page top

2015.08.06.thu

img

遠征レストラン

東京で発行されているメトロミニッツというフリーペーパー。
「東京の名料理人がわざわざ赴く遠征レストラン」という特集の中、
ラッセの村山シェフの推薦でbanquetを紹介していただきました。

写真 (228)

北海道はいいところですよ~。涼を求めて北海道へ。
なんて言っても、昨日は沖縄より北海道の方が暑かったようですが…

北海道へ来た際にはぜひbanquetへ!
来て良かった。と思っていただけるようなレストランでありたい。
ここでしか味わえないもの、世界でここだけ、を楽しんでいただきたい。
そんな思いで私達は日々努力しています。

北海道の素晴らしい食材が、より一層おいしくなるように、
しっかりと、意味のある手間をかけたフランス料理をシェフは日々作っています。

そして最近は道産のワインも、魅力的な生産者の方が増え、どんどん楽しくなってきています。
その土地の料理とその土地のワインを楽しめる。
やっぱり、北海道っていいと思います!
全国のみなさま、ご旅行はぜひ北海道へ!
ご来店、お待ちしております。

遠征といえば。。。

先日、コープさっぽろさん主催のイベント「畑でレストラン」で
安平町の内藤あんがす牧場さんで、畑でレストランしてきました。

今年で3回目の畑でレストラン。過去2回は雨。特に去年鶴沼ワイナリーさんの
時は伝説になるほどの、雨、てか、豪雨、てか、嵐。
去年ご参加いただいたお客様には大変ご迷惑をおかけしてしまいました。

今年はカラッと晴れました!良かったです。
なぜだろう、きっとあれだ、Gだ、Gがいないからだ。
うんうん、雨の原因はやっぱりGだったのか。
G、今頃九州で頑張ってるかな。頑張れG!

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
もう、絶対私にツッコミを入れてほしいとしか思えないボーダー&ストライプ。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
トマトも安平町産。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
内藤さんの牛リブロース。豪快に焼きますよー。

ご参加くださったみなさま、どうもありがとうございました!
私達スタッフ一同も、楽しい一日でした、やっぱり自然っていいですよね(^^)


page top

2015.08.05.wed

img

8月の料理教室

暑いですね!いやー暑い!北海道民にとっては
キケンな暑さです。

8月の料理教室、テーマは「フレンチBBQ」

DSC_0947
①夏野菜のソテー アンチョビとローズマリーの香り

DSC_0932
②骨付き鶏のコンフィの炭焼き たくさんのハーブのソース

DSC_0944
③シュークルートと塩漬け豚肉 グリルしたパン

テラスでフランスのビールで乾杯しましょう!

ご予約はコチラから→banquetの料理教室

お電話でも→011-562-1221

page top