blog
Category
Archives

2016.02.26.fri

img

3月・4月の料理教室

来週から始まる3月のレッスン、
3月のメニュー(Lesson48)
3/2~3/10
①クレーム ド ランティーユ(レンズ豆のブルーテと半熟卵とベーコン)
②しっとりと仕上げた鶏肉 クレーム ド コキヤージュ(牡蠣、あさり、ホタテのクリームソース)

既に満席の日が多くなっておりますが、
3/2(水)昼クラスにあと一席空きがあります。夜クラスはまだお席に余裕が
ありますので、ご興味ある方のご参加、お待ちしております。


4月のメニュー(Lesson49)
4/13~4/21 テーマ・魚介料理
①青えんどう豆のブルーテと海老 エスニックの香り
②アスパラとサクラマスの温かいサラダ仕立て
③鮮魚の海藻蒸し

アンコールレッスン(バックナンバーLesson11)
4/27・4/28
①ガレット・コンプレ
②海老のダシを効かせたフレンチカレー
③チャイのクレームブリュレ

4月は魚介料理のレッスンです。魚料理作らせたら札幌イチ(私調べ)の
シェフのレッスンです。これはぜひ、ご参加いただきたいレッスンです!

アンコールレッスンは、
ガレットにフレンチカレー。大人気のレッスンでした。
週末のおうちごはんにぴったりのメニューですね(私調べ)

もうすぐ春ですね。新しい習い事を始めようかな、という方にも
ぜひいらしていただきたいです。おひとりさまで来られている方も
多くいらっしゃいます。
banquetの料理教室、楽しいですよ(^^)

ご予約はコチラから→banquetの料理教室

お電話でも承ります→011-562-1221

page top

2016.02.09.tue

img

料理×ワイン

少し前になりますが、北海道でワインを造る情熱のある生産者の方々と
情熱のある酒屋さんとワインと料理のマリアージュについての勉強会をしました。

フランス料理にとって、レストランにとって、ワインはとてもとても大事な存在。
北海道でレストランをしていて、北海道のワインを自信を持って
お客様におすすめすることができるのって、幸せなことです。


写真 (313)

カジュアルな料理とワインをワイワイと楽しむのももちろんアリだと思います。
ワインの楽しみ方は自由です。
でも、シェフの目指すところはやはり、ガストロノミーなんです。
そんなガストロノミーな世界で通用するワインを北海道で造ってもらいたい!
それにはまず、イメージの共有が大事。と料理人の視点で、想いを熱く語るシェフ。

ちゃんとした料理とちゃんとしたワインで北海道を世界にアピールできる日が
来ると楽しいな、って本気で思っています。

以前、余市のドメーヌ・タカヒコのの畑に行った時にタカヒコさんはこんな事を言っていました。
僕らの子供の世代にも、北海道という地方にいても、ワインを造る仕事は
世界を相手にできる仕事なんだ!かっこいい!って思ってくれるかもしれない。って。
そうやって次へ繋げてくのって、大事なことですよね。タカヒコさん、ちゃんと考えててスゴイなー、
シェフはそこまでちゃんと考えてんのかな?ってその時は思いましたけど(笑)


アルザスに行ったらアルザスワインが飲みたくなります。
シャンパーニュ、ボルドー、ブルゴーニュもしかり。
じゃぁ、北海道に行ったら、北海道のワインが飲みたくなりますよね。

志の高い酒屋さんや生産者のみなと出会えたことに感謝しています。
この先、素晴らしき仲間たちと共に新しい世界にチャレンジしていけることが嬉しいです。

こんな会ができるのも、地方の良さです。地方の良さを再確認。
東京のシェフたち、いいだろー!byシェフ。(これは負け惜しみなんかじゃないやい・笑)




page top

2016.02.07.sun

img

ワインと料理をたのしむ会~ブイヤベースとワイン~

2月も開催します、ワインと料理をたのしむ会。

今月のテーマは「ブイヤベースとワイン」

あと若干のお席ご用意できますので
ご興味ある方のご予約、お待ちしております。

2/19(金)
19:00スタート お一人様¥8500(税抜き)
ご予約→011-562-1221

page top

2016.02.03.wed

img

2月の料理教室

2月の料理教室、始まります!

写真 (309)

テーマ・冬の簡単フレンチ
①マグロと赤パプリカのカルパッチョ
②ワーデルゾイ(鶏と香味野菜のクリーム煮)
③リ・オ・レ(フランスの定番、お米と牛乳のデザート)

写真 (307)
日本では、イマイチ食べず嫌い感の強い「リ・オ・レ」
お米と牛乳を使ったフランスでは定番のデザートです。
私も今の今まで、どこぞのビストロなどでリオレがメニューにあっても
うーん。。。と頼むことは一度もありませんでした。
でも、シェフが試作したリオレを、三十うんねん生きてきて初めて食しました。

おいしいではないか!
私のバカ!
ごめん、リオレ。今まで毛嫌いして。

ということで、シェフの作るリオレはとてもおいしいです。
ぜひ、レシピを覚えておうちでお試しください。

ワーデルゾイという、鶏と香味野菜のクリーム煮も、寒い時期にピッタリの
こころもからだもあったまる、ホッとするおいしい煮込みです。

2月のレッスン、満席の日も多くございますが
まだ若干空きのある日もございます。
HPにてご確認の上、ご予約お待ちしております。

ご予約はコチラから→banquetの料理教室

お電話でも承ります→011-562-1221


3月のレッスンのご予約受付も開始しております!

page top