blog
Category
Archives

2017.11.11.sat

img

2017クリスマススペシャルコースのご案内

2017/12/22(金)~12/25(月)の期間、
クリスマススペシャルコースをご用意いたします。
年に一度のクリスマスにふさわしい、とびきり贅沢で
おいしいお料理をご用意いたします。
どうぞbanquetで素敵な時間をお過ごしください。
クリスマススペシャルディナー ¥12000(税、サ別)
アンチョビバターを挟んだチーズのサブレ

江別産赤ピーマンのババロワ

厚岸・中嶋さんの牡蠣 海水のジュレ

フォアグラのテリーヌ・フュメ タタンのピュレ

本日のお魚料理

道産和牛フィレ肉の炭焼き 山わさび

あまおう ロゼワインのジュレ

ピスタチオのマカロン

サブレ・ショコラ
18:00~21:00の間でご都合のよい時間にご予約ください。 
期間中は上記のディナーコースの他、¥8000(税、サ別)のコースも ご用意いたします。

 

クリスマススペシャルランチコース ¥8000(税別)
アンチョビバターを挟んだチーズのサブレ

江別産赤ピーマンのババロワ

厚岸・中嶋さんの牡蠣 海水のジュレ

フォアグラのテリーヌ・フュメ タタンのピュレ

オマール海老 クレーム

本日のお魚料理

鵡川産エゾ鹿のロティ

あまおう ロゼワインのジュレ

ピスタチオのマカロン

コーヒー又は紅茶
12:00~13:30の間でご都合のよい時間にご予約ください。
期間中は、上記ランチコースの他に¥4500(税別)のコースも
ご用意いたします。

・仕入れの状況により、若干メニューが変更する場合があります。
・アレルギーのある食材などございましたら、ご予約の際に
お伝えください。
ご予約・お問い合わせ
011-562-1221

page top

2017.07.29.sat

img

オマール・ブルー

毎年この時期には、たくさんのお客様にお喜びいただいている
オマール・ブルーの一皿。

シェフの修業先、フランスの☆☆☆ミッシェル・ゲラール氏から
教わった大切な大切な料理です。

8月~9月末日までの期間、
1週間前のご予約で12000円コースにてご用意いたします。

page top

2017.07.15.sat

img

千歳産ビーツのタルタル

今日、明日、明後日の予約状況です。
7/15(土)ランチ△ ディナー△
7/16(日)ランチ△ ディナー×
7/17(月)ランチ◎ ディナー◎


昨年大好評だった「ビーツのタルタル」
今年も始まりました!
シェフがフランスにいた頃、大好きだった牛肉のタルタルに想いを馳せた料理です。
ビーフのタルタル。ビーツのタルタル。
ん?シェフ、ふざけてるの?

冗談顔だけにしろよ!

page top

2017.04.21.fri

img

山菜

フォアグラ 行者にんにく 菜種油


島牧の山菜が届いたので、春の山菜を使ったお料理を
ご用意しております。


DSC_0941

DSC_0951

お魚料理には、コジャクを使って。


今年の春のお肉料理は羊!
足寄・石田めん羊牧場のマトン入荷しております。
DSC_0802

江差のアスパラもあります。
DSC_0899


北海道の食材のパワーを感じます。
いい季節がやってきました!




page top

2017.04.02.sun

img

江差産アスパラ たまごと生ハムのソース

道南の江差町から今年もアスパラが届きました!
冬が終わり、いい季節がやってきたな~と感じます。

この江差のアスパラ、とっても質が良いので
あまりごちゃごちゃと料理しすぎたくない。
そこで、今年はこういった料理でいきます。

アスパラはシンプルにゆであげ、
ソースは、オランデーズソースをシェフなりのアレンジで
生ハム、グラナパダーノ、エストラゴンなどを加えて
作ります。

アスパラとオランデーズはテッパンですからね(^^)

派手さのない料理かも知れませんが、
シェフの作りたい料理はこういった料理なんです。
いい料理だと思いますがね。今の時代、ダメなんですかね。
(なにも、シュッとした料理ばかりがガストロノミーではない!・ココロの声)
これからも本質を見失わずに、シェフの愛するフランス料理を
作り続けていってほしいと思います。


page top

2017.02.05.sun

img

北海道のジビエのビスク

シェフが言っています。

こんな料理が作れる料理人になりたかった。
やっぱりフランス料理は素晴らしい。



page top

2017.01.28.sat

img

くにさきオイスター

先日TVのガイアの夜明けでも特集されていた
大分の牡蠣「くにさきオイスター」
嬉しいご縁があり使わせていただいております。
今週も入荷していますよー(^^)
旨味はしっかり、かつ後味のキレがスバラシイ牡蠣です。

ぜひみなさまに食べて頂きたいです。
ご予約お待ちしております。

011-562-1221

page top

2016.12.08.thu

img

厚岸のムール貝やイタリアの白トリュフなど

本年度のbanquetの料理教室は昨日で終了しました。
今年もたくさんのお客様にご参加いただきました。
みなさまいつも本当にありがとうございます。
シェフの教えるフランス料理でみなさま、おうちでbanquetは
お楽しみいただけているでしょうか。
いつもの食卓がちょっと華やいだり、料理を通して何気ない
会話がうまれたり。。。なんて、ことになってくれていたら
それはそれは嬉しいなと思っています。

banquetの料理教室、来年もどうぞよろしくお願いします!

本日から年内は、毎日レストラン営業いたします。
(12/12(月)・13(火)は定休日)
年内は12/27(火)までの営業です。


さきほど、厚岸のカキえもんの中嶋さんからムール貝が届きました!
私、(あっマダムです)正直今までムール貝苦手でしたが、それはおいしいムール貝を
食べたことがなかったからでした!
厚岸のムール貝、めちゃめちゃ美味!
シェフは厚岸のムール貝、どんな料理にするんだろう。
シンプルなムールフリットがおいしいのは、わかっていますが
そこは、シェフ。ガストロノミーな一皿でお願いします。
(ムールフリットは姉妹店、かくしかで食べることができます!)

以前、モンサンミッシェルのムール貝を入れたことがありましたが、
空輸しても、どうしても日数がかかってしまうため
シェフが納得できる状態ではありませんでした。
シェフちゃん、おフランス生活が長かったものですから、
ホンモノを見て仕事してきているので、食材に関してはまー、うるさいです。
名前ばかりの食材を使うのが嫌いなシェフちゃん。
自分で見て食べて、本当に信頼できるものを使って料理をしたい。
10年お店を続けて、少しづつ、しっかりと、いい出会いに恵まれています。
今後も、ここでお店をやる意味。を考えながら、ここでしかないもの。を
作り続けていきたいです。
みなさま、そんなシェフちゃん率いるbanquetを、今後も応援よろしくお願いします。

今週末、10(土)にはイタリア・ピエモンテから香りムンムンの白トリュフが
入荷します。白トリュフコース、ご予約承ります。
この時ばかりは、banquetのトリュフバターも、白トリュフバターになるとか?

今週末のディナーはお席残りわずかの日もございます。
お早目のご予約、お待ちしております。
011-562-1221

新作のデザートもご用意しております。
DSC_0393



12/22(木)~12/25(日)の期間のクリスマススペシャルコース
ご予約も承り中です。
12/24(土)ディナーは満席です。merci!
12/23(金)ディナーあと一席です。

クリスマス用テイクアウト商品もございます。




page top

2016.11.25.fri

img

栗のスープ フォアグラのポワレ

毎年この時期のシェフのスペシャリテ
栗のスープ・フォアグラのポワレ
今年ももちろんご用意しております。

フォンブラン・ベーコン・根セロリ・ジュニパーベリー・・・
など、様々な素材が、絶妙なバランスで栗の優しい味を引き立てています。
そして栗×フォアグラ。間違いのない相性です。

寒い日のスープ、なんでこんなにおいしいの?
っていうくらい、最高においしいです。


page top

2016.10.21.fri

img

たまご フォアグラ トリュフソース

TOPの写真は、10月の料理教室の一品、
たまごときのこのココット 赤ワインソース
ウフ・ココットってやつですね。

黄身を割りたい衝動を抑えきれませんでした。
DSC_0503

レストランでは、↑この料理をバージョンアップしてご用意します。

たまごとフォアグラ、トリュフソース

この料理は昔々、三ツ星だった頃のパリのグランヴェフェールのシェフ、
レイモン・オリヴェ氏のスペシャリテです。

クラシカルなフランス料理です。
やっぱりフランス料理っていい!と思える
芯のある料理です。

DSC_0479
イタリアの黒トリュフもたっぷりあります。

今週末、ランチ・ディナーともにお席ご用意できます。
たまご フォアグラ トリュフソースご希望の方、
ご予約の際にリクエストください。
お待ちしております!

page top

2016.10.06.thu

img

最近の料理など

今年も参加しております。

ダイナースクラブ フランスレストランウィーク2016

今年のテーマは「おいしい選択 5000円でフレンチコース!」

ランチ・ディナーともにフランスレストランウィーク用に
特別なコースをご用意しております。
10/9(土)までです。ぜひこの機会に!

最近のお料理&デセールです。

DSC_0205
ラディッシュ イカ からすみ 梨


DSC_0305
秋刀魚 生ハム じゃがいも バジル 


DSC_0159
レモンのプリン ブドウ シャンパンのジュレ


DSC_0183
オペラ



DSC_0034

DSC_0046
鵡川からものすごく上質なエゾ鹿も入荷しています。
先日鵡川に行き、鹿の解体を見学させてもらい
ハンターさんからたくさんの事を教わってきたシェフ。
やはり実際に目で見て肌で感じるということは大事だったようです。
シェフの作る今後のエゾ鹿の料理、楽しみにしていてくださいね!

DSC_0415
ハンターさんが番屋で鹿肉を焼いてくれたそう。
もーこれ、絶対おいしいやつでしょー。

page top

2016.06.29.wed

img

10周年記念ディナーコースのご案内

フレンチレストランバンケットは2016年7月に10周年を迎えます。
10年分の感謝の気持ちを込めて特別なディナーをご用意しました。
ぜひこの機会に皆様お誘い合わせの上、ご利用くださいますよう
心よりお待ち申し上げております。

10周年記念ディナーコース ¥10000(税込¥10800)
期間 2016/7/1(金)~2016/8/31(水)*要予約

・アンチョビバターを挟んだチーズのサブレ

・トマトのマリネ

・赤ピーマンのババロワ

・ビーツのタルタル

・厚岸・中嶋さんの牡蠣「カキえもん」の一皿

・本日のお魚

・オマールブルー ミッシェル・ゲラールへのオマージュ
又は
・十勝牛フィレ肉の炭焼き

・長沼産お米(めのぴりか)のブランマンジェ

・タルト・シトロン

・サブレ・ショコラ

・コーヒー又は紅茶

*仕入れの状況により、若干内容が変更する場合がございます。

*ランチタイムでもご用意いたします。(要予約)

ご予約おまちしております。
011-562-1221


page top

2016.06.14.tue

img

新作デザート~レモンのタルト~

今週は料理教室はお休みして
水曜のランチから日曜までレストラン営業いたします。

新しいデザートもご用意しております。

ご予約お待ちしております。

011-562-1221

page top

2016.06.11.sat

img

季節を感じるお料理

赤ピーマンのヴァバロワ。



DSC_0865
長沼産花ズッキーニのフリット プロヴァンス


DSC_0884
江別産グリーンアスパラ カルボナーラ


シェフはいつも、どんな時でも、心を込めて、丁寧に、一皿一皿料理をしています。


6/11(土)ディナーは満席となっております。
6/12(日)ランチ・ディナーともにお席ご用意できます。

page top

2016.06.04.sat

img

最近のお料理

目鯛のブイヤベース


DSC_0789
平目とピサンリ 広島のレモンのコンディマン



DSC_0802
十勝産仔牛のソシス・ド・ジャンボン はまぐり


page top

2016.05.06.fri

img

サクラマス レタス

最近のお魚料理。

瀬棚産のサクラマスはマリネしてから香ばしくポワレにして。
色鮮やかなソースは鵡川の朝採れレタスの外葉を使ったソース。

上に、ラディッシュ、からすみ、オリーブオイルヌーヴォー。
からすみ大根のイメージですって。

合わせるワインはやはりロゼでしょうか。
DSC_0425
個人的推しは、右から二番目のノエラ・モランタン。
女性の造り手さんです。
雑誌でお見かけしましたが、とてもおキレイなお方♡

G.Wもあと少し。連休最後はゆっくりフレンチでもいかがですか?

ご予約お待ちしております(^^)
011-562-1221

page top

2015.11.03.tue

img

最近の料理、入荷の食材

11/3(火)は祝日なのでランチ・ディナーともに
レストラン営業しております。

DSC_0108
道産のジビエとフランス産フォアグラのパテ



kaki

DSC_0432
仙鳳趾産 牡蠣の冷製 海水とライムのジュレ




写真 (262)
十勝産牛ヒレ。炭火で焼きます。

写真 (263)
牛は軟白ねぎと一緒に焼くことで、ねぎのジュースが牛に移り
おいしいんだ、これが。とシェフ。



写真 (264)
栗の渋皮煮とプラリネのアイスクリーム



道産のキノコも入荷しています。
写真 (265)

写真 (266)

写真 (267)

キノコは魚料理のソースに。魚はまつかさカレイが入荷しています。

おいしいフランス料理をご用意してみなさまのご来店
お待ちしております!

page top

2015.09.17.thu

img

フランス産フォアグラのポワレととうもろこしのクレープ

今年もこのお料理の季節がやってきました。
一年ってあっという間です。

シェフの修業先、パリにあった伝説のレストラン、
ヴィヴァロワのスペシャリテです。

赤ピーマンのヴァヴァロワといい、最近私、ヴィヴァロワヴィヴァロワ
うるさくないですか?(笑)
でもあの、なんていうか、別にシェフの修業先自慢をしているわけでは
ないのです。今の時代、フランスで修業することは正直誰にでもできます。

シェフが愛する料理、作りたいフランス料理は、こういう料理ってだけなんです。

シェフがフランスにいた90年代後半~は、ヌーベル・キュイジーヌと呼ばれる
料理から、フランス料理の伝統技法を土台としながら新しい技法を融合させていくという
新しいスタイルが提唱された頃。スターシェフもたくさんいます。
あのシェフやこのシェフ。。。その辺のお話し、詳しく聞きたいという方、
シェフズテーブル(うちにそんなんあったっけ?)予約お待ちしております。
その時代の料理スタイルがシェフの作る料理の軸となっています。

時代はどんどん進みます。今は食のグローバル化も進んでフランス料理はどんどん
自由になっていると思います。
でも、それでいいんです!だってフランス料理は「自由」な料理だから。
そんなフランス料理の自由さ、楽しさにシェフは惹かれたのかもしれません。
(知らないけど・笑)

シェフの作るフランス料理を食べ、やっぱりフランス料理っておいしいね。って
思ってもらえたらとても嬉しいです。

このフォアグラの料理も、こういうワインと合わせると、より楽しんでいただけると
思います。
写真 (237)
シャトー・ドーフィネ・ロンディロン 2002

ボルドーのソーテルヌ、バルザックのガロンヌ河を挟んだすぐ対岸に位置する
ルピヤックの貴腐ワイン。フォアグラと貴腐ワイン。やっぱり至福♡
フランス料理って最高です。

先日フェイスブックにてお知らせしましたが、
今年はフランス産のきのこと並行して、
道産のきのこもたくさん使っていきます。
写真 (238)
道産の松茸。入荷しました。
限定4名様、ディナーコースの¥8000のコースにご用意いたします。

ご予約お待ちしております。

page top

2015.08.16.sun

img

赤ピーマンのヴァヴァロワ

9周年ディナーコースの前菜にご用意している
「赤ピーマンのヴァヴァロワ」

この赤ピーマンのヴァヴァロワは、シェフが修業していた
ヴィヴァロワのスペシャリテ。
ヴィヴァロワの「ヴァヴァロワ」。(ヴが多いー)

ヴィヴァロワ出身、ランブロワジーのベルナール・パコー氏は
ヴィヴァロワのヴァヴァロワをアレンジし、
「赤ピーマンのムース」を作りました。

このパコー氏の赤ピーマンのムースはとても有名な料理で、
今でも多くのフランス料理店で作られています。

そんな赤ピーマンのムースのもとのもとが
シェフが作る、赤ピーマンのヴァヴァロワなんです。
クロード・ペロー氏から直々に教わった料理。
一度、シェフはヴィヴァロワのキッチンで、この赤ピーマンのヴァヴァロワを
作っていた時にゼラチンを入れ忘れたことがあったそうです・・・
ペロー氏は静かに、俺は一度のミスでは怒らない。って。
き、緊張感ハンパないんですけど。
考えただけで胃がきゅっとなります。きゅ、っと。

そんなしょっぱい思い出もありつつな赤ピーマンのヴァヴァロワ。
今は江別産の赤ピーマンが入荷し始めたのでそれを使って作っています。
自分の愛するフランス料理を、地元の信頼できる食材を使って作ることができるのは
とても幸せなこと。と最近シェフはよく言います。








page top

2015.07.17.fri

img

オマールブルー ミッシェル・ゲラールへのオマージュ

オマールブルーとは、オマール海老の中でも最高級の品質のオマール海老。
欧州をはじめ、世界中のガストロノミーなレストランで使われています。

このオマールブルーを使った料理を
9周年特別ディナーのメイン料理にご用意しています。


DSC_0970
フランスの3つ星、ミッシェル・ゲラール氏のレストランのスペシャリテです。
シェフが魚担当シェフをしていた時に、何度も作っていた料理です。
写真 (80)
この頃ですね。

この料理は、ミッシェル・ゲラール氏が1979年に作った料理。

軽くブランシールしたオマール海老を、身と殻に分けて、
殻だけを燻製にかけ、その殻に身を戻し、それを低温で火入れ。
本家では、これ全部、暖炉を使うんだそうです。
よく、キッチンで「ストーブ前」ってポジションは聞きますが
氏のレストランのキッチンでは、「暖炉前」のヒトがいたそうです。
鶏も鳩も鴨も、全部暖炉で焼くんだそうですよ。

ソースは、ブールブランにパッションフルーツを加えたもの。

文で書くと、シンプルな料理に見えるかもしれません。
うまく言えないのですが、そんなうすい料理じゃないんです。
深いんです。

こういう、チカラのある料理を食べると、
フランス料理ってやっぱりすごいな、って実感します。

何十年も前からある料理。でも、古くさいとか、そういうの一切感じない。
美味しいものって、やっぱり、いつでもどこでも、美味しいものなんですよね。

シェフも自分で、俺が作りたいのは、こういうフランス料理。って言ってました。
見た目のキレイさ、珍しさ、新しさ、がこれでもか!というほど皿に溢れた
フランス料理が、今の時代は人を引き付けるのかも知れませんが、
私も、シェフには、こういう料理を作り続けてほしいと思っています。
こういう、魂のこもった料理を作ることができるシェフを私は誇りに思っています、実は。

たまには褒めるんです、私だって。だって人間だもの(み・つ・お)

9周年特別ディナー
8/30(日)までご用意しております。
ぜひこの機会にオマールブルーの一皿をお召し上がりください。
ご予約お待ちしております。

page top